たまプラーザ 美容院を宣伝された

たまプラーザ 美容院、お勧めは?「さあ」何故、分らぬ訳?地元でしょ?「そりゃね。生まれた頃より住む街だわ」

たまプラーザ 美容院ぐらい...。「けど、何時も髪を切る場所は、昔より変えずだわ」え?じゃ小さい頃行ってた所に、今も?「勿論」床屋?

「違うわ。ちゃんとした、たまプラーザ 美容院の一つよ」なら!「他は分らぬ訳。最早馴染の場所だもの。他へ移るなど、考えられぬ」

真面目というか、義理堅いね。知り合いでも?「勿論。毎度会話するわ。最早、兄と姉と慕う存在」そこまでじゃ、変えれぬわなぁ。

「是非、たまプラーザ 美容院へ!」そこで宣伝されても。「けど、もっと遠方のお客様も来ててくれりゃ、嬉しー訳で」じゃあ他も詳しくなってよ。

「無茶苦茶を。私行きつけの場所へ行ってくれりゃ、それでいいさ」ちょ、我が儘過ぎ...。「どこが?」はぁ、話にならんわ。「此方の台詞!」

もー!「結局、話しつかずね」そりゃ...、私悪くあり...。「STOP!」何?「どっち悪りぃか等、問題じゃねーわ、多分!」本当?「勿論!」